マンスリーマンションの魅力は家具や家電があること

マンスリーマンションと言えば、1ヶ月単位で借りることが出来るマンションで、短期間滞在したい場合には便利です。1990年代にはそれほど数がありませんでしたが、その後利便性などで人気が出てきました。2000年以降は破竹の勢いで増えていき、東京都心部などではかなり多くのマンスリーマンションがあります。マンスリーマンションの魅力は借りやすく負担が少ないこともありますが、それ以外にも複数の家具や電化製品が付いていることも魅力となっています。

どのような家具や電化製品があるのか

マンスリーマンションにはどのような家具や電化製品があるでしょうか。家具や電化製品と言っても様々な種類がありますが、基本的に生活が出来る最低限の設備がそろっている感じですね。例えば、家具であれば机や椅子、少し小さめの洋服ダンス、30インチぐらいまでがおけるテレビ台などです。ビジネスホテルのように、机とテレビ台が一緒になっているものも多いです。一方電化製品は、テレビに電子レンジ、ポット、冷蔵庫、洗濯機などがあります。

家具や電化製品が付いていても過信してはならない

生活に必要な家具や電化製品が付いているマンスリーマンションですが、すべての付属品が生活に満足するだけの容量があるとは限りません。その1つが冷蔵庫です。130リットルぐらいの冷蔵庫で冷蔵室と冷凍室が分かれているタイプであれば1人ぐらいで十分ですが、高さが40センチぐらいのさいころ型の冷蔵庫しか用意されていない場合もあります。また、家具も洋服はたくあんあるのに洋服ダンスが小さくて入らない場合もありますので、入居前に一度確認をしましょう。

生活に必要な家具や家電があらかじめ揃っている集合高層住宅をマンスリーマンションと呼びます。短期間の入居を想定しているため、敷金礼金が必要ない物件も多く、気軽に利用出来ることが魅力です。